不動産経営

不動産経営とは?

不動産のご購入と同時にその購入された不動産を他の方に賃貸で貸します。

借り手[入居者]は当社が市内 約50社の賃貸専門業者や
インターネット雑誌(コンビニにあります)等で広範囲に募集します。

その時借り手[入居者]の支払う毎月の家賃はマンションオーナー様の現金収入となります。
家賃は物件によって違いますが、3万円~15万円位です。

keiei1

 

不動産経営のイメージ図

keiei2

 

つまり、不動産経営とは…

御自身の収入を増やすことでローン返済をスムーズにし、
時間の経過を利用した資産形成であり、
資産所有者のメリットである現金収入の安定した確保です。
加えて、万一の時には資産売却によりまとまった現金を得られます。

 

不動産経営のメリット

1、将来に渡る安定した現金収入の確保

資産所有者としての立場を築け、又収入を得る権利の相続ができます(権利収入の確保
※この取り組みは結果論として、自己資金を最も必要としない年金対策となる可能性があります

2、生命保険としての効用

3、インフレ耐性が強い

※逆に現金(貨幣)はインフレに弱く資産としての価値減少を招く

4、株やビジネスと違いその資産を築く過程では個人のスキルに頼らないので仕事と並行して財を成せる

5、相続税対策及び節税効果

6、住の提供による社会貢献